P-one Wizはポケットカードから発行されているクレジットカードで、Wizの部分は「Wizard(賢い)」「With(一緒に)」という意味が掛けられているそうです。

P-one Wizの評判・口コミ

請求額から随時1%引き、さらに別途でポイントも付く最強のカードだと言えるのではないでしょうか?p-oneモールを経由することでさらに還元率を増やすこともできますし、電気・ガス・家賃なども1%OFFになるのは素晴らしい!!の一言です。根本はリボ払い専用カードみたいなのですが、設定によって一括払いにできる点もおすすめのポイントですが、年会費無料カードの定めかコールセンターの対応は最悪です。同じくコールセンターの評判の悪い楽天カードはつながりにくいだけで態度は悪くないのですが、P-one Wizのコールセンターは態度が良くないですね。つながりにくいですし。そのくせ保険やらなんやらのセールスの電話は頻繁にかかってくるのは正直辞めて欲しいです。ただより高い物はないってことですかね。

P-one Wizの魅力

・年会費が無料

・自動で1%OFFになる

・実質高還元率

・入会から3か月はポイントが3倍

・最低交換比率が100ポイントから

・p-oneネットモールでさらにお得

・紛失盗難補償、購入商品安心保険が付いている

P-one Wizの最大の売りはあらゆる買い物が1%OFFになるという点でしょう。

少々驚きの大きいサービスですが、電気代や電話代などの公共料金だろうがショッピングだろうがあらゆる買い物が1%引きです。ある意味であらゆるクレジットカードより使い勝手の良いサービスだと言えるかも知れません。

そして、それとは別にポケット・ポイントがしっかり貯まります。

ポケット・ポイントは1000円につき1ポイント、1ポイントは5円相当ですので、還元率は0.5%となります。

1%OFFに加えて還元率が0.5%、ですので、実質的な還元率は1.5%、入会後最初の3か月間はポイントが三倍ですので、実質2.5%という驚異的とも言える実質還元率となります。

また、ポケットカードのネットモールであるp-oneネット経由でショッピングをすることで還元率がさらに上がり、例えば入会後三か月以内にp-oneネットを経由した上でYahoo!ショッピングで買い物をすると還元率は5.5%になります。

P-one Wizの問題点

・電子マネーのチャージではポイントが付与されない

・海外旅行傷害保険の付与はない

・国内旅行傷害保険の付与もない

・ETCカードは年会費、発行手数料共に1000円

基本的にリボ払い専用である

魅力も多いですが問題点も多いのがP-one Wizの特徴です。

電子マネーへのチャージでポイントが貯まらない点や旅行保険がない点も寂しい所ですが、何より根本的にはリボ専用カードであるという点に最大の問題点があると言えるでしょう。

ただ、普通のリボ払い専用カードと異なるのは「全額一括での支払い」を設定できる点です。

賢く使えば最良のカードになるのがP-one Wizの特徴だと言えそうです。

P-one Wizの審査

P-one Wizの申込条件は

・電話連絡可能な18歳以上(高校生除く)で安定継続した収入のある方または配偶者

となっています。

年会費無料ということもあり審査難易度は決して高くないですが、「安定継続した収入のある方」となっているため同じく年会費無料のイオンカード楽天カードに比べると審査難易度は高めだと言えるかも知れません。


カード選びに迷ったらこのページへ!!



スポンサードリンク