実は三井住友カードが発行元となっているAmazon MasterCardクラシックの評判や口コミなどを見ていきましょう。

Amazon MasterCardクラシックの評判・口コミ

クラシックカードで十分だと思います。はじめはゴールドカードの利用を検討していたのですが、年会費が10000円以上もかかってしまい、正直元をとるのはかなり難しいという判断でこちらのクラシックカードにしました。結果は大成功だったと思います。旅行保険もついていないですし、ETCカードも無料でないため正直クレジットカードとしては微妙なのですが、Amazon限定で利用すること思えば決して悪いカードではありません。気が付くと結構ポイントが貯まっています。ただ、ポイントの交換が100ポイントからなので使い勝手がものすごくいいという訳ではなく、その点は楽天カードに大きく負けている部分だと思います。

 

 

【Amazon MasterCardクラシックを利用しようと思った理由】
今から3年ほど前に、偶然、Amazonのサイトでネットショッピングをしていた時に、こちらのクレジットカードのキャンペーンのアマゾンのギフト券プレゼント企画で契約しました。利用しようと思った理由は、アマゾンで買い物をすると2%ポイント還元、年に一回以上買い物をすれば年会費は無料、この2点が主な理由になります。なんだかんだ年間アマゾンで物を買う機会が多いので、今ではこちらのカードをメインで利用させて頂いております。
【実際に利用した感想】
実際に利用した感想としましては、日用品や雑貨などはアマゾンから購入することが多く、こちらのクレジットカードを決済時に利用すれば、購入額の2%がアマゾンのポイントで還元されるため、ポイントが貯まるのが早いです。ポイントの反映もスピーディーで、注文して商品が届いたらすぐに反映されますので、アマゾンで商品を購入する機会が多ければ断然お得、使う機会も多ければ多いほど便利に利用できます。点数をつけるとすると90点です。

 

 

Amazon MasterCardクラシックの魅力

・基本的に高還元率

・Amazonで利用するとお得

・最大100万円のショッピング保証がついている

基本還元率が100円につき1アマゾンポイントですので還元率は1%と基本的に高還元率です。

また、Amazon MasterCardクラシックの名前が表す通りAmazonでのショッピングでは還元率1.5%になりお得になります。即時審査サービスを利用することによってAmazonテンポラリーカードが即時に発行され、その日のショッピングから利用できる点も独自の魅力だと言えます。

ただ、ポイントの交換は100ポイント毎の交換となるため1円単位で利用できないというデメリットもあります。

また、さすがAmazonのカードだと思えるのが最大100万円のショッピング保証がついている点です。

*自己負担:1事故につき3,000円

Amazon MasterCardクラシックの問題点

・海外旅行傷害保険がない

・国内旅行傷害保険もない

・ETCカードは年会費540円で追加可能

・ポイントモールがない

Amazon MasterCardクラシックは初年度年会費無料、次年度は1350円の年会費がかかるため年会費無料クレジットカードではありません。

*年1回以上利用すれば翌年度の年会費は無料になります。

現在では年会費無料カードであるリクルートカードや、Amazon最大のライバルと言っても良い楽天カードには利用付帯ではありますが海外国内ともに旅行傷害保険が付帯しています。

旅行に行かなければ問題ないのですが、この辺りはやはり寂しい所です。

また、例えばオリコカードならオリコモール、ポケットカードならP-oneモールのようなポイントモールがないのもやはり寂しい限りです。

ETCカードは初年度の年会費540円、2年目以降は一回でもETCカードの利用をしていれば年会費は無料になるため長所とも言えるかも知れませんが、やはり年会費無料であるリクルートカードのブランドをJCBにするとETCカードが無料になる点などを考えると短所であると評価できます。

総じてAmazonでよく買い物をする人がサブとして持っていると良いカードと言えるでしょう。

Amazon MasterCardクラシックの審査

Amazonの販促という意味あいが強いAmazon MasterCardクラシックですが、同じような目的を持つ楽天カードやイオンカードと比べると審査は格段に厳しいことが知られています。

審査条件も「満20歳以上の方 」と他2枚のカードの「18歳以上(高校生を除く)」よりも少し年齢が高めです。

もちろんプロパーカードのように審査難易度がとても高い訳ではなく、過去に金融事故を起こしていない前提で本人もしくは配偶者および保護者が正社員で年収300万円を越える場合には問題なく作れ、アルバイトや派遣社員の方でも勤続年数が1年以上あれば作ることができるものと思われます。

楽天カードやイオンカードよりは審査が厳しいが三井住友カードよりは審査が厳しくない、極めて平均的な取得難易度だと言えるでしょう。


カード選びに迷ったらこのページへ!!



スポンサードリンク