セブンカード・プラスの評判・口コミ

セブン&アイグループでポイントの貯まりやすいセブンカード・プラスの口コミなどを見ていきましょう。

セブンカード・プラスの評判・口コミ

主婦近所のイトーヨーカドーでよく買い物をするのでセブンカード・プラスを作りました。やはり買い物で使えるポイントが貯まるというのは良いですね。肉屋や魚などちょっと高い物でもポイントが貯まるからいいかな、と思ってついつい買ってしまいます。セブンアンドアイの思うつぼです。でも、損をしているわけではなく実際には得をしているので、セブンイレブンやイトーヨーカドーを頻繁に利用する方にとってはとても良いクレジットカードだと思います。
599553sクレジットカードとして見るといろいろなところが残念な気もしますが、実際に利用するとポイントが貯まりやすいので便利です。イオンカードとWAONの連携と比べるとセブンカードプラスとnanacoの連携はあまりよくない気もしますが、我が家からはイオンよりもヨークマートの方が近くにあり、今まではちょっと遠出をしてイオンまで買い物に行っていたのですが、セブンカードプラスを作ってからは近くのヨークマートでよく買い物をするようになりました。やはりポイントの還元率が高いお店で買った方がいろいろとお得ですからね。

 

セブンカード・プラスのここがすごい!

 

・nanacoポイントが貯まりやすい

・電子マネーnanacoへのチャージでもポイントが貯まる

・1ポイントからnanacoに還元できる

・カード提示の現金払いでもたまる(ヨーカドー、ヨークマート)

・セブンイレブンでポイント3倍

・初年度は年会費が無料で2年目からも条件を満たせば無料

セブン・カードプラスの売りはnanacoポイントとの関連性にあると言え、特にセブンイレブンをはじめとした一部の店舗では200円ごとに3ポイントとかなり高い還元率となります。

nanacoポイントが1ポイント=1円として利用できることを考えてもかなりの高還元率カードになると言ってよいでしょう。

2016y12m01d_042033365

年間5万円以上の買い物をすることで次年度の年会費も無料になりますのでセブンイレブンやイトーヨカードーなどで買い物をする人には特にお得なクレジットカードです。

イトーヨーカドーやヨークマートでは実際にカードで支払わなくても提示するだけで100円ごとに1ポイントたまる点も、カードで支払いをすれば1.5%の還元率になるので用途は不明ですが、ユニークだと言えます。

また、ショッピングだけでなくnanacoへのクレジットチャージをすると200円ごとに1ポイントたまる点も大きな魅力と言えるでしょう。

ただ、この点に関しては事前の登録が必要となり、インターネット限定のサービスとなっている点には気を付けたいところです。

その他にも、毎月8のつく日はハッピーデーとなっており、イトーヨーカドーにおいて食料品、衣料品、生活雑貨などが5%引きになったり、セブン旅デスクにおける国内外のパッケージツアーが最大5%オフとなるなどの特典も満載です。

セブンカード・プラスの問題点

・セブン&アイグループの店舗においては還元率が低くなる

・1年間で5万円未満の買い物だと年会費がかかる

国内外でのJCB・VISA加盟店におては200円で1ポイント、光熱費の支払いなどでもポイントが貯まりますが、その場合も200円で1ポイントですので還元率は0.5%となります。この水準は三井住友カードと同水準ですが、リクルートカード(1.2%)楽天カード(1.0%)と比較すると低い水準だと言えます。

また、入会初年度は本会員家族会員ともに年会費無料となりますが、前年度のショッピング支払い金額の合計額が50000円を下回る場合は本会員500円家族会員200円の年会費がかかるようになります。

 

セブンカード・プラスの審査

セブンカード・プラスの申込は全国各地にあるイトーヨーカドーやセブンイレブンの店舗にある入会申込書に必要事項を記入し郵送する方法や店舗の受付コーナーにて作る方法の他に公式ホームページにアクセスすることでも作成できます。

申込条件は以下の通りです。

本会員

・原則として18歳以上で本人または配偶者に安定して継続収入のある方

・18歳以上で学生の方

家族会員

・本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供の方(高校生を除く18歳以上)

審査開始からカード発行までには3週間から4週間ほどとなっており、審査の際には在籍確認のために職場への電話連絡が行われます。

また、実際に審査を行うのは株式会社JCBとなっており、セブンイレブンなどが行う訳ではありません。

これはセブンカード・プラスのブランドをJCBにしてもVISAにしても同様で、VISAブランドを申し込んだのにJCBから電話連絡があることもあります。

セブンカード・プラスの審査難易度ですが、いわゆる流通系のクレジットカードとなっており、審査難易度は高くないです。

流通系のクレジットカードは販売の促進という面が大きいため、プロパー系と呼ばれるブランド価値を重視するカードとは大きく審査基準が異なります。

仮に今までクレジットカードを利用したことのない、いわゆるクレヒスホワイトの方でも作成することは十分可能です。

過去に金融事故を起こしていない限り作成可能なクレジットカードであると言えるでしょう。


カード選びに迷ったらこのページへ!!



スポンサードリンク