SAYA072162920_TP_V

 

クレジットカードの審査には、カード発行・入会の際に行われる「初期与信(スクリーニング)」と入会後の審査である「途上与信(モニタリング)」の2種類に分かれます。

カードローンやキャッシングなどの審査は「初期与信」が重要になりますが、クレジットカードに関しては「途上与信」の方が重要視される傾向にあります。

今回はクレジットカードの入会審査である「初期与信(スクリーニング)」について見ていきましょう。

クレジットカード審査で重要視される4つのC

 

クレジットカードの種類は多く、審査基準はマチマチだと言えます。

審査基準が高ければ高いほどクレジットカードのステータスは上がりますが、審査される項目自体はあまりカードによって変わる訳ではありません。

一般的にクレジットカードの審査においては4つのCが重要視されていると言われています。

・character(人格)

・capacity(支払い能力)

・capital(資産)

・control(自己管理)

中でも初期与信で重視されるのは「支払い能力」と「資産」だと言われています。

支払い能力の項目には勤務先などの情報も含まれており、後述いたしますが勤続年数や企業規模の大きさなどが重視されます。

また、資産の項目も重要です。

本来であれば銀行の預貯金や有価証券などが含まれる項目ですが、多くの場合は年収で判断されることになります。

人格や自己管理などの項目を重要視するクレジット会社もあり、年収は多いけれども出費もそれ以上に多いなどの場合は自己管理が低いと判断されてしまいます。

 

具体的なクレジットカード審査項目

 

機関によって少し違いますが、初期与信においては以下の項目が審査項目となっており、これらの情報を点数化し(スコアリング)、クレジットカードの発行可否を判断します。

本人の属性に関する点数付けであるため「属性スコアリング」と呼ぶこともあります。

 

 

年齢:50代>40代>30代>60代>20代後半>20代前半

職種:管理職>正規雇用一般・事務職>自営業>非正規雇用>年金生活者

職位:役員>部長>課長>一般社員

企業規模:大きいほど高く、上場しているほど高い

勤務年数:一か所での勤続年数が長いほど高い

配偶者:有>なし

扶養家族:2人>1人>0人=3人・4人>5人以上

居住形態:持ち家>同居人持ち家>社宅>賃貸

居住年数:長いほど高い

信用情報件数:1件>2~3件>4件=0件

年収:基本的に高いほうがスコアリングも高いが、年齢不相応に高い場合は低くなる可能性も

連絡先:固定電話>携帯電話

 

それぞれどの項目を重視するかはクレジット会社にもよりますし、カードによっても異なります。

 

個人信用情報機関への情報照会・登録

 

前項の「信用情報件数」という項目は、信用情報の件数を表しています。

信用情報と聞いてもピンと来ない人も多いと思いますが、クレジットカードを発行する際には個人信用情報機関に情報の照会や利用登録をするように法律で定められています。

クレジットカード会社は基本的にCICという個人信用情報機関の会員となっており、JICC全国銀行個人信用情報センターなどに登録している場合もあります。

*個人信用情報機関に登録された情報はそれぞれ共有されています。

それぞれの個人信用情報機関では情報開示をしており、クレジットカードの初期与信における信用情報と全く同様のものが手に入るので利用してみるのもよいかも知れません。

個人信用情報機関から得られる情報もスコアリング情報の一部であり、こちらを「個人情報スコアリング」と呼ぶこともあります。

いわゆるクレジットヒストリーなども個人情報スコアリングを構成する要素と言えるでしょう。

このあたりの判断は少し複雑で、今までクレジットカードがない状態ですと評価は0になります。

クレジット会社の視点からみると、過去にクレジットカードを作ったことのない人にカードを発行するのは気が引けるようです。

飲食店で例えるなら一見さんと言ったところでしょうか。

そして、クレジットカードを作りすぎている人もまたスコアリングが低くなる傾向にあります。

これは、いわゆる「休眠カード」になりやすいからだと言えるでしょう。

現在では稼働率50%ほどであれば優秀なクレジットカードだと言われており、稼働していていない分のカード維持費は赤字になりますので、できるだけ稼働していない休眠カードを作りたくない為、スコアリングは低くなっています。

また、過去のクレジットカードの使用履歴から先述したcontrol(自己管理)やcharacter(人格)などを判断するケースもあります。

これらの審査項目をスコアリングし、基準点を上回れば無事にカード発行となります。

どのようなスコアリングをするか、どの程度の基準点でカード発行になるかはそれぞれのサービス次第だと言えます。


カード選びに迷ったらこのページへ!!



スポンサードリンク